ゴーヤは癌に効く

米コロラド大学がん研究センターのラジェッシュ・アガーワル教授らが、こうした民間療法と数年前の研究で、ゴーヤの抽出成分には乳がん細胞の増殖を抑制する働きがあると確認されたことを踏まえ、その後も研究を重ねていたところ、ゴーヤには膵がん細胞に対して、そのエネルギーの源となるグルコース代謝能力を抑制し、結果として膵がん細胞を死に至らしめる働きのあることを発見しました。

ガン細胞を短時間に98%死滅させるマウスを用いて の実験結果では、ゴーヤの抽出液を摂取したマウスは摂取していないマウスと比較して、がん細胞の代謝機構 に大きな関与があったとみられ、抽出液によるプロティンキナーゼの働きを促進するという効果により、結果的 に60%も膵がん細胞の増殖が抑制されていたことが判明しました。

水にわずか5%に希釈した苦瓜ジュースはすべての4つの膵臓癌細胞株の研究者が厳しく試験した結果、癌細胞の損傷に著しい効力を示しました。
苦瓜は2つの癌細胞の生存能力を90%削ぎ落し、別の二つの癌細胞を驚異的にも98%まで叩きました。そして、それは、治療のわずか72時間後のことでした。

免疫系を強化し、解毒し、歯の伝染病および有毒歯科材料を除去し、あなたの体をアルカリ化し、酸化治療を備えた体を酸化させて、癌特有の代謝経路を妨害するために特定の栄養を与えるのです。

全ての癌細胞は、役に立たないグルコースの発酵を利用して乱れエネルギーを作り出しています。

苦瓜は、癌のわがままなエネルギー生産を切り離すための巨大な妨害剤です。

膵がんの前兆になる場合があるともいわれている糖尿病において、これまでにもインドや中国などアジア諸国では、ゴーヤー(bitter melon)はII型糖尿病に効果があると信じられ、何世紀にもわたって民間療法などで多く用いられてきました。

ゴーヤは、体にいい!
薬の何倍も効果あり!
なぜなら体をアルカリ性にしてくれる。
癌細胞への栄養を遮断してくれる成分が含まれるため、癌細胞をやっつけてくれる食材!

人口10万人当たりの癌罹患率で沖縄県内は大きく全国平均を下回っている。一説にはゴーヤの摂取量が寄与しているのではないかという論説を目にした。
ゴーヤ。そうなのかゴーヤ。苦いやつだと思っていたが、ゴーヤを見直す時がついに来たのか。

抗ガン剤治療・治療費を含め体にもお財布にも優しいゴーヤ。苦いのが嫌いでも、薬飲んで副作用のこと考えれば、苦いゴーヤ食べる方がまだマシだよね。

ゴーヤはビタミンCをはじめミネラルが多く含まれていて、さらには果皮に含まれる苦味の素「モモルデシン」や「チャランチン」という成分に血糖値を下げる効果があるということがわかってきました。
このため、糖尿病などに有効な食材のようです。他にも血圧を下げる効果も認められています。

資料/ネットに掲載されていたあくまでも効果効能は個人の感想です。


ご購入はこちらから

カテゴリー: メニュー